06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
政治・行政
2016年11月24日(木)9:07

「分裂」公算さらに拡大/市長選保守系

全員協議会の議論平行線/「一本化」は継続


全員協議会後にマスコミの質問に答える座喜味県議=23日、市内のホテル

全員協議会後にマスコミの質問に答える座喜味県議=23日、市内のホテル

 来年1月22日の市長選挙に向け保守系候補者の一本化を目指している全員協議会が23日午前、市内のホテルで行われた。この日も現職支持派と市政刷新派の意向は対立したままで歩み寄りはなく協議は20分程度で終了。今後については「一本化協議を継続する」との結論となるも、その道筋は見いだせておらず「分裂」の公算はさらに拡大している。

 今回市長選で保守系は、3期目を目指す現職の下地敏彦氏(70)と前市議会議長の真栄城徳彦氏(67)の2人が名乗りを上げ、両氏とも出馬表明を行い市長選に向け着々と準備を進めている。

 この日の協議内容について、座喜味一幸県議は「結果としては現在の立候補予定者は2人とも強い出馬の意志を持っているので一本化するのは難しいという認識になった。しかし、分裂では厳しい状況であることに変わりはないのであきらめずに継続していくとの結論になった」と説明した。

 現職支持派(9人)と市政刷新を掲げる新保守クラブ(3人)の見解については「現職支持派からは『状況が厳しいことは認識しているがしっかりと支えていきたい』との話があった。一方の新保守は『市民世論的に現職では厳しいものがある』との話でそういう中では、刷新して一本化を図るべきとの意向となっている」と述べた。

 「新保守クラブは真栄城氏を推すことは可能としているのか」の質問には「もちろん、真栄城さんでもとのスタンスは持っている。しかし、そのスタンスだけでは一本化の協議は厳しいことから、第3の候補についても視野に入れて柔軟性を持って対応すべきとしている」と述べた。

 「一本化」実現の可能性について座喜味氏は「2人と第3の候補も含め、状況の変化を見ながら努力したい。第3の候補の名前が出てくるのは厳しい状況ではあるが、可能性がゼロではない」と述べた。

 全員協の今後の開催については「現在、保革4人の立候補予定者の名前が出ているが、今週中にはある程度、選挙戦の体制が見えてくると思う。それを踏まえ、さらに世論調査などを整理しながら開催時期は決めたい」と話した。

 今後は、現職支持派、市政刷新派だけでなく、水面下では21世紀新風会や公明会派など、各方面の意向の調整を図りながら激しい動きが展開される見込みで、現職支持派と市政刷新派では主導権をめぐる切り崩しの動きも本格化しそうな様相となっている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!