06/14
2024
Fri
旧暦:5月8日 赤口 戊 
イベント
2016年11月24日(木)9:04

マグロ解体ショー人気/海族まつり

多彩な催し楽しむ


マグロの解体ショーは参加者の注目を集めた=23日、荷川取公民館

マグロの解体ショーは参加者の注目を集めた=23日、荷川取公民館

 2016海族まつり(主催・宮古島市)のフィナーレが23日、雨のため当初予定されていた荷川取漁港から、会場を荷川取公民館に移して行われた。会場では約20㌔のキハダマグロの解体ショーや会場参加型のサイダーの早飲み競争などが行われ、参加者は楽しい一時を過ごした。

 主催者を代表して長濱政治副市長が「先祖が海と共に暮らし、生きてきた。その大切な海を守るのが、残された一つの使命。海を大切にし、守り、共に生きていくことなどを考え、行動するのがこのまつり。われわれも海と共に生きていくという覚悟を十分に感じながら、きょうのまつりを楽しんでほしい」と述べ、下地敏彦市長のメッセージを代読した。

 フィナーレのイベントは男塾武-Dooの勇壮なエイサーで幕開けし、モズクやサイダーの早食い、早飲み競争、島のピエロゆずちゃんの風船遊びなども行われた。

 また、会場には、友利かつお加工場と魚市場いちわが用意したマグロの刺し身約60㌔が参加者たちに振る舞われた。

 海族まつりは水産、観光振興を目的に「海で楽しむ、海を食し、海で競い、海を見る」をコンセプトに、4月に行われた宮古島の海開きをスタートとして海関係の多彩なイベントを展開し、この日のフィナーレを迎えた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!