07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
産業・経済
2016年12月2日(金)9:06

製糖操業始まる/サトウキビ

県内トップ宮糖伊良部/糖度13・8度 最高の滑り出し


県内トップを切って今期操業をスタートさせた宮糖伊良部工場。安村社長(中央)らがキビのの束を投入した=1日、宮古製糖伊良部工場

県内トップを切って今期操業をスタートさせた宮糖伊良部工場。安村社長(中央)らがキビのの束を投入した=1日、宮古製糖伊良部工場

 サトウキビの2016-17年期製糖操業が1日、県内トップを切って宮古製糖伊良部工場で始まった。初日は372㌧を搬入、平均糖度は13・8度と基準糖度帯(13・1~14・3度)内の品質を確保した。この時期の品質としては上々で、最高の滑り出しとなった。

 今期のサトウキビは、気象条件に恵まれて順調に生育した。台風による被害がほとんどなく、干ばつの被害も限定的だった。生育旺盛期の適度な降雨は増産を後押し。生産量は地区全体で36万3320㌧(前期比1万8200㌧増)の豊作が見込まれている。

 宮糖伊良部工場に1日に搬入されたサトウキビの糖度区分別構成比は、基準糖度帯以上の原料が全体の32%と上々の滑り出し。基準糖度帯内は46%、糖度帯以下は22%だった。この時期の品質としては高く、1㌧当たりの農家手取額も概算で2万2000円と初日から高価格が付いた。

 同工場の稼働日数は130日を予定。搬入量は6万3820㌧を見込む。

 製糖操業開始式で、宮糖の安村勇社長は、3工場とも年内操業に踏み切った経緯を説明し、「サトウキビに勢いがある。近年にない豊作型だ」と述べた。その上で「緊張感を持って、安全を第一に無事故無災害の操業を行っていく。農家が丹精を込めて栽培したサトウキビの糖分を限りなく回収し、好成績につなげていきたい」と話した。

 下地敏彦市長や県宮古農林水産振興センターの植田修所長、市議会の棚原芳樹議長は激励のあいさつで操業開始を祝った。

 キビの束を機械に投げ込んだ下地市長は、「キビの茎の太さ、長さ、重さがとにかくすごい。良い生産量になることを確信した」と力を込め、「生産農家の皆さんは、喜んで正月を迎えられると思う」と話し、製糖操業開始に伴う伊良部の発展に期待を込めた。

 今年のサトウキビは豊作型。伊良部を除く工場ごとの生産見込み量は▽宮糖城辺12万6500㌧▽宮糖多良間2万2750㌧▽沖糖宮古15万250㌧-。

 操業は、宮糖城辺が今月17日、同多良間は20日に開始する。沖糖宮古は来月中旬には開始する方向で準備を進めている。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!