04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2016年12月3日(土)9:04

事件発生時の対応確認/宮古空港

ハイジャック想定し訓練


訓練で現地対策本部の看板を設置する下地敏彦市長(右)ら=2日、宮古空港

訓練で現地対策本部の看板を設置する下地敏彦市長(右)ら=2日、宮古空港

 ハイジャック事件発生を想定した対応訓練(主催・宮古空港保安委員会・同小委員会、宮古空港管理事務所)が2日、宮古空港で行われた。市や宮古島署など12の機関・団体、総勢約50人が参加。現地対策本部を立ち上げ、事件発生時の通報訓練を重点に実施した。

 日本国籍のサシバ航空007便Bー737型機が羽田発石垣行き飛行中の宮古島北東50マイル、高度2万6000フィートでハイジャックされA国へ行くよう要求されている。給油のため宮古空港に向かっているーと想定。

 ハイジャックされた情報で現地対策本部を設置。「犯人は国際テロ組織マクガンのメンバー5人、乗員3人、乗客138人」などの情報が次々と入った。

 一連の内容を確認した対策本部は、空港が対応すべき措置を関係機関に指示。犯人から給油を条件に米国人を除く人質を解放するとの連絡が入った。人質解放の連絡を受け、関係機関へタラップ車、バス、タンクローリー、人質の待機場所を確認し、訓練は終了した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!