02/23
2024
Fri
旧暦:1月13日 先勝 丙 
政治・行政
2016年12月14日(水)9:06

給食費半額を補助/市議会一般質問

来年4月から実施/子育て支援 県内11市初


市議会一般質問で小、中学生の給食費を来年度から半額補助することを明らかにした下地市長=13日、市議会議場

市議会一般質問で小、中学生の給食費を来年度から半額補助することを明らかにした下地市長=13日、市議会議場

 下地敏彦市長は13日、市内小、中学校の給食費を来年4月から半額補助することを明らかにした。子育て支援と貧困対策の充実が目的。補助額の約1億円は一般財源で賄う予定だ。市によると県内11市では初。開会中の市議会(棚原芳樹議長)12月定例会一般質問で、下地明氏の質問に答えた。

 給食費の半額補助が実施されれば、小学生は月額3500円から1750円に、中学生は月額4000円から2000円となり、それぞれ保護者負担が少なくなる。

 給食費は現在、児童、生徒5042人に対し、市が1食当たり35円を「学校給食扶助費」として補助しており、年間3529万4000円を予算計上している。保護者負担額は年間2億3694万6000円で、経済的負担の軽減が求められていた。

 下地市長は答弁で「給食費を全額無料にした場合、新たに約2億円の負担増となり、多額の予算が必要になる」と説明。「しかしながら、学校給食費における食育は重要な分野であるとともに、子育て支援および子供の貧困対策の観点から、新年度からすべての小中学生を対象に給食費の半額の助成を行う」と述べた。

 平良学校給食共同調理場(宮国雅人場長)によると、給食費補助については、「第3子から無料」や「1食当たり数十円程度の補助」など、他の自治体でも実施しているが、全児童、生徒を対象に半額補助を実施するのは県内11市では初という。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年2月22日(木)8:59
8:59

市に地域創生金賞/楽天トラベルアワード

市長「知名度さらに」/2宿泊施設も高評価   楽天グループが運営する旅行予約サービス「楽天トラベル」はこのほど、国内の登録宿泊施設や自治体を表彰する「楽天トラベルアワード2023」を発表した。宮古島市が「楽天トラベル地域創生賞ゴールドアワード」を受賞…

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!