06/25
2022
Sat
旧暦:5月27日 先勝 己 
政治・行政
2016年12月16日(金)9:07

存在しない事業を予算計上/多良間村議会一般質問

村「勘違い」と釈明


本来は存在しない事業が予算計上され、伊良皆村長が理由を説明し理解を求めた村議会12月定例会一般質問=15日、議場

本来は存在しない事業が予算計上され、伊良皆村長が理由を説明し理解を求めた村議会12月定例会一般質問=15日、議場

 【多良間】多良間村の畜産振興策で、本来は存在しない事業が2015年度一般会計当初予算に200万円計上され、その後、同年度決算で不用額として処理されていたことが15日に開会した同村議会(森山実夫議長)12月定例会一般質問で明らかになった。村当局は「担当課の勘違いだった」と釈明している。

 存在しないはずの予算が計上されたのは、優良な種雄牛の凍結した精液を購入するための補助金。

 村によると、この事業は14年度で実施され、同年度で終了したが、翌15年度も当初予算で200万円が計上された。

 質問した富原安則氏は「議会で予算議決されたが、精液が一本も購入されていない」などとしてその理由をただした。

 これに対し、村産業経済課の仲宗根春光課長は、同事業は14年度の計画だったことを明らかにした上で「15年度に予算計上したのは、担当課の勘違いだった」と答弁した。

 伊良皆光夫村長は「14年度に和牛改良組合から優良種の精液200本の要望だったが、販売者から行政が取り組むのであればという事で300本を同年度に導入している」と説明。翌15年度にも別の精液の導入もあったが、単年度計画の予算だったため、間違って思い込んでしまった」と述べた。同村和牛改良組合にも同様に説明し、理解してもらったという。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!