06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
社会・全般
2016年12月21日(水)9:04

飲酒運転の根絶誓う/年末年始交通安全出発式

安全宣言で「事故ゼロ」採択


「飲酒運転の根絶」を誓い合う出発式=20日、市中央公民館

「飲酒運転の根絶」を誓い合う出発式=20日、市中央公民館

 「許せない あの人奪った 飲酒運転」をスローガンに掲げた2016年年末年始の交通安全県民運動宮古地区出発式(主催・市交通安全推進協議会、共催・宮古島署、宮古島地区交通安全協会、県宮古事務所)が20日、市中央公民館で開かれた。推進機関・団体の関係者ら多数が参加し、宮古圏域挙げての飲酒運転の根絶を誓い合った。同協会の新里孝行会長が「交通事故ゼロ」などを盛り込んだ交通安全宣言文を読み上げ、満場一致で採択された。

 同運動は21日~1月4日までの15日間にわたり展開される。重点項目は▽飲酒運転の根絶▽子供と高齢者の交通事故防止(特に歩行者事故の防止)▽二輪車の交通事故防止(特に若年者を含めたマナーアップの推進)-の3点。

 冒頭、主催者を代表して下地敏彦市長(代読・長濱政治副市長)は「家庭から、地域、職場などで飲酒運転は絶対しないという意識を高め、『飲酒運転を絶対させない、飲酒運転を絶対に許さない』という環境づくりを目指していきたいと考えている」と述べ、市民の安全運転への注意が高まることを期待した。

 同署の大城辰男署長は「重大事故に発展する恐れがある飲酒運転に関しては、昨日現在で97人が検挙され、前年同時期と比べて11件の増加となっている。特に12月に入り24人が検挙された。『飲酒運転は犯罪』という意識が宮古島市のドライバーにまだ浸透していない」と指摘した。

 その上で「昨年、宮古島における高齢者事故の構成率は22・8%でしたが、今年は11月末現在で14・0%まで減少させることができた。今後、増加が懸念される高齢者事故に対し、さらに対策を強化していく」と気持ちを引き締める。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!