07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
社会・全般
2017年1月6日(金)9:06

希望胸に笑顔の門出

624人が大人の第一歩/宮古島市5地区で成人式


平良地区の式典に参加者した新成人たち=5日、マティダ市民劇場

平良地区の式典に参加者した新成人たち=5日、マティダ市民劇場

 宮古島市の成人式が5日、旧市町村5会場で開かれた。今年の新成人は624人で、それぞれの夢や希望を胸に、大人の第一歩を踏み出した。新成人に対して下地敏彦市長は「大きな目標と情熱にあふれる行動力で自らの人生を切り開き、その力で輝かしい未来を創り上げてほしい」と式辞を述べた。それぞれの会場では新成人による決意表明も行われ、故郷に貢献できる人材となることを目指して頑張っていくとの決意が示された。多良間村の成人式は一足早く4日に行われた。

 平良地区の成人式はマティダ市民劇場で開かれ、新成人429人が笑顔で大人の仲間入りを果たした。

 式典前の会場前では、スマートフォンで歳の記念写真を撮り合う光景が見られた。

 男性はスーツや色とりどりのはかまで正装し、女性は華やかな着物姿で会場に訪れ、大人として歩み出した友人たちと近況を報告し合いながら久しぶりの再会を喜んだ。

 式典では、みやこ少年少女合唱団が市歌を斉唱したほか、下地市長が「両親をはじめ、多くの出会いに対する感謝の心を忘れずに、周囲の支えがあったことを常に心にとどめて行動してほしい」と式辞で呼び掛けた。

 また、市議会の垣花健志副議長もあいさつを行い、新成人のさらなる飛躍に期待を寄せるとともに、社会人として将来、故郷に貢献する気持ちを持つことも求めた。

 新成人を代表した決意表明では、佐渡山みなみさんと砂川浩平さんが、高校卒業後、宮古を離れて生活するようになって故郷を思う気持ちがさらに強くなったことを報告しながら、それぞれの分野で地元に貢献できる取り組みを展開することを誓った。

 そのほか、式典前のアトラクションでは、新成人の恩師からのメッセージがビデオレターで紹介されたほか、男塾武-Dooが演技を披露し、新成人たちの新たな門出を祝福した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!