06/15
2024
Sat
旧暦:5月10日 友引 庚 
スポーツ
2017年1月16日(月)9:04

100㌔石川が2連覇/ワイドーマラソン

女子は望月初優勝/22㌔は男女とも宮古勢制す


夜明け前の午前5時、号砲とともに一斉にスタートする100㌔の参加者=15日、下地公園

夜明け前の午前5時、号砲とともに一斉にスタートする100㌔の参加者=15日、下地公園

 第27回宮古島100㌔ワイドーマラソン大会(宮古島市など主催)が15日、下地公園をゴールに行われた。最長の100㌔の部は石川佳彦(28)=徳島県=が7時間26分46秒で2連覇。女子は望月千幸(30)=長崎県=が8時間12分25秒のタイムで初出場、初優勝。100㌔、50㌔、22㌔の3部門に計971人がスタート。771人が完走した。完走率は79%。

 100㌔には県内外から562人がエントリーし、夜明け前の午前5時に、下地公園をスタートした。この日の日中の最高気温は平年よりも2・6度低い18度。時折、弱い雨が降るあいにくの天候となった。

 100㌔で連覇を果たした石川は「橋では風が強かった。雨も降ったりの厳しいコンディションだった。タイムが悪く、悔いの残る連覇」とレースを振り返った。女子優勝の望月は「島の人の応援がすごくて、エイドもしっかりしていた」と高評価だった。

 22㌔は宮古勢が男女共優勝し、アベック優勝を果たした。男子は仲間樹(23)が1時間23分39秒で2年ぶり2回目の優勝。女子は砂川由美(27)が1時間48分14秒で初優勝した。スタート前の午前4時30分から行われた開会式で、石川佳彦が「美しい海、美しい空、温暖な宮古島の中を走れる喜びを、心と体で感じ、精一杯最後まで全力で走り抜くことを誓う」と力強く選手宣誓した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!