05/21
2024
Tue
旧暦:4月14日 大安 乙 
イベント
2017年1月16日(月)9:01

西辺小チームが優勝

キッズ野菜料理コンテスト/JAおきなわ


決勝大会で優勝した「西辺グルメキッズ」の(前列左から)赤嶺さん、川満さん、橋本さん、盛島さんら=14日、那覇市の県学校給食会

決勝大会で優勝した「西辺グルメキッズ」の(前列左から)赤嶺さん、川満さん、橋本さん、盛島さんら=14日、那覇市の県学校給食会

 【那覇支社】第9回JAおきなわキッズ野菜料理コンテストの決勝大会が14日、那覇市の県学校給食会で行われ、宮古地区代表の「西辺グルメキッズ」チームが優勝の栄冠に輝いた。

 チームのメンバーは、西辺小6年の川満みなみさん、赤嶺深愛(みあ)さん、橋本和佳(のどか)さん、同3年の盛島みくさんの仲良し4人組で、料理のテーマは「家族で食べるがんずぅーさ いちばん料理」。

 宮古島産のパパイアやヘチマ、トウガン、島とうふなどを使い、苦手な野菜を食べやすくし、見て楽しい食べて美味しいレシピ(献立)として、「野菜たっぷりのヘルシードライカレー」、「生春巻きのパイナップルソース添え」の2品を作った。

 リーダーの川満さんは「緊張したけど、とてもうれしい。時間内でできるように、みんなで協力して頑張ったのが良かった。春巻きは宮古で練習した時よりも上手にできた」、赤嶺さんは「優勝してびっくりした。春巻きは太くなると食べにくいので巻き方に気を付けた。練習では数や量を間違えないよう何度も話し合った」と感想を述べた。

 さらに、橋本さんは「驚いている。学校でも先生に食べてもらい、アドバイスを受けたのが良かった。トウガンとナンコウをくり抜く時に、丸くなるよう頑張った」、盛島さんは「うれしい。ご飯を炊くのとカレーソースを作るのを担当した。いつも通りにやって、うまくできたので楽しかった」と笑顔で話した。

 審査講評した管理栄養士の山城尚子さんは、「パイナップルソースは良いアイデアだと、ほかの先生方もほめていた。ニガナで巻いた春巻きは、苦みがソースで緩和されて柔らかくなりおいしかった。くり抜き野菜もしっかり下味が付いていた」と高く評価した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

第50代ミス宮古島が決定

サンゴ 坂田さ ん、ティダ 友利さ ん、ブーゲン 室田さ ん 宮古島観光協会(吉井良介会長)は19日、市内のホテルで第19代ミス宮古島の最終選考会を行い、3人のミス宮古島を決定した。ミスサンゴに坂田祐梨(ゆり)さん(27)、ミスティダに友利李南(りいな)さん(…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!