05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
産業・経済
2017年1月17日(火)9:05

平均糖度13・81度/宮糖城辺工場

操業1カ月 品質は上昇傾向


操業1カ月を迎えた宮糖城辺工場。平均糖度は13・81度と基準糖度帯内の品質を維持している=16日、城辺砂川

操業1カ月を迎えた宮糖城辺工場。平均糖度は13・81度と基準糖度帯内の品質を維持している=16日、城辺砂川

 宮古製糖城辺工場の2016-17年期製糖操業は16日、開始から1カ月を迎えた。これまで4万3015㌧のサトウキビ(原料)を搬入し、平均糖度は13・81度と基準糖度帯(13・1~14・3)内の品質を維持している。最近の冷え込みで品質は上昇傾向にある。

 同工場の16日現在の搬入概況によると、搬入された原料のうち手刈りは1万515㌧、機械刈りは3万2500㌧だった。

 糖度区分別構成比は 基準糖度帯内の原料が全体の42・82%を占めた。糖度帯以上の原料は32・23%、以下は24・95%だった。

 1㌧当たりの農家平均手取額は2万2255円と高い金額が付いた。

 同工場は先月17日に操業を開始。初日の平均糖度は14度台に達したが、雨や機械刈り原料の搬入でやや品質を落としている。

 ただ、ここ最近の冷え込みで糖度は上昇。日計の平均糖度は14度台に戻る勢いだという。さらなる品質上昇が期待されている。

 今期のサトウキビは気象条件に恵まれた。台風被害はほとんどなく、干ばつ被害も限定的だった。適度な降雨もあって質、量ともに前期作を大きく上回ることが予想されている。宮古地区全体の生産見込み量は前期比1万8200㌧増の36万3320㌧。製糖工場別には▽宮糖城辺12万6500㌧▽宮糖伊良部6万3820㌧▽宮糖多良間2万2750㌧▽沖糖宮古15万250㌧-。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!