04/19
2024
Fri
旧暦:3月11日 先勝 癸 穀雨
環境・エコ 産業・経済
2010年11月12日(金)9:00

城辺メガソーラに注目/地方対日投資会議in宮古島

再生可能エネ全量買取へ

将来の太陽光発電などについて聞き入る参加者ら=11日、ホテルアトールエメラルド宮古島市

将来の太陽光発電などについて聞き入る参加者ら=11日、ホテルアトールエメラルド宮古島市

 対日直接投資や太陽光発電の未来を考える「第22回地方対日投資会議in宮古島」(主催・内閣府、共催・県、市、日本貿易振興機構)が11日、市内のホテルで開かれた。将来の対日直接投資や太陽光発電に詳しい専門家らがそれぞれの立場から紹介した。このうちグリーンニューディールのアドバイザー、増山寿一さんは「太陽光発電など再生可能エネルギーの全量買取制度が、来年4月か再来年4月以降に実施される」と述べ、国が城辺で実証実験研究を進めている国内最大級のメガソーラーに注目した。


 増山さんは「対日直接投資の事例として~太陽光発電関連の施策~」と題して紹介した。
 増山さんは「全量買取制度の導入により、再生可能エネルギーの需要の創出を図り、これをわが国の経済成長につなげていく」と説明。

 その上で「住宅用太陽光発電の1㌔㍗当たりの補助金は、国が7万円、宮古島市が5万円。国が全国に実施した補助金件数は2008年1月から約2年10カ月で約26万件。市場拡大によって住宅用太陽光発電システムの価格低下を実現し、住宅分野でのさらなる大量導入を目指す」と話した。

 日本貿易振興機構(JETRO)対日投資部長の長島忠之さんは「対日直接投資の意義~JETROの活動~」と題して紹介した。
 長島さんは「対日投資で雇用機会の増大、経済への刺激と活性化、新技術・ノウハウが導入される」と語った。

 また長島さんは「ジェトロは政府方針に基づいて外国企業を誘致している。これまで7年間で790社を誘致した。2009年度の誘致企業の40%がアジア企業だった」と話した。その上で「日本に進出している外資企業はビジネスの阻害要因として高いビジネスコスト、人材確保難などを挙げている」と述べた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!