06/23
2024
Sun
旧暦:5月17日 先負 丁 
スポーツ
2017年2月5日(日)9:06

キャンプシーズン到来/先陣切り法政大

大学・社会人野球 15チームが来島へ


大学、社会人野球の春季キャンプシーズンが到来。先陣を切って法政大野球部が宮古入りした=4日、宮古空港

大学、社会人野球の春季キャンプシーズンが到来。先陣を切って法政大野球部が宮古入りした=4日、宮古空港

 大学、社会人野球の春季キャンプシーズンが到来した。先陣を切って4日、東京6大学リーグに所属する法政大野球部のメンバー約50人が宮古入りし、早速、市民球場で汗を流した。今春宮古島でキャンプを実施する野球チームは15。市内各球場は練習に励む大学生や社会人でにぎわう。島は2017年の球春を迎えた。

 今春来島する大学は法政大のほか東日本国際大、青森大、大谷大、琉球大、国士舘大、関西国際大、平成国際大。社会人はJR東日本や日本通運、JR東日本東北など。山本学園や東海大山形など高校生キャンプも予定されている。

 法政大は初めての宮古島キャンプで、10日まで市民球場や城辺球場で練習をする。10日にはJR東日本との練習試合を行う。

 法政大野球部を迎える歓迎セレモニーが4日、宮古空港で開かれた。宮古島市スポーツコンベンション推進協議会が主催した。

 同協議会の会長を務める長濱政治副市長は「暖かい宮古島でのトレーニングになる。オーバーワークでけがをしないように気を付けてほしい」と温暖な気候を紹介して歓迎。「この宮古島でしっかり練習し、東京6大学リーグを制し、法政大から多くの選手がプロ野球界入りすることを期待している」と激励した。

 盛大な歓迎に法政大の森龍馬主将は「宮古島という暖かい環境の中で、1週間良い練習をしたい。6大学野球リーグ優勝、その先にある日本一を目指して頑張りたい」と決意した。

 青木久典監督は「とても暖かい」と宮古島の第一印象を語り、「ここで練習ができることにワクワクしている。この環境に体を慣らした上で質の高い練習をしていきたい」と話した。

 春季宮古島キャンプは野球に限らず、陸上、トライアスロン、ゴルフなど計40団体が実施する予定。2~3月に集中している。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!