04/15
2024
Mon
旧暦:3月7日 先負 己 
イベント
2017年2月14日(火)9:05

25周年記念し橋往復/池間大橋ウオーク大会

いけま島おこしの会主催


思い思いのペースで歩く参加者たち=12日、池間大橋

思い思いのペースで歩く参加者たち=12日、池間大橋

 池間大橋開通25周年記念ウオーキング&グラウンドゴルフ大会(主催・いけま島おこしの会)が12日に開かれた。子供から大人まで多くの地域住民ら約200人が参加。午前中は池間小中学校を出発して池間大橋を往復するウオーキングが行われ、参加者たちは思い思いのペースで歩いた。

 池間大橋(延長1425㍍)は1992年2月14日に開通。今年、4半世紀の節目を迎えることから大橋へ感謝の意を込めて同大会が企画された。

 開会式が池間小中学校グラウンドで開かれ、池間自治会総務の小禄有子さんが「池間大橋ができて25回目の誕生日を迎える。地域活性化のためこれからも池間大橋で何ができるかをみんなで考え、島興し、島活性化のために協力をお願いしたい」とした上で「少し風は強いが天気に恵まれた。池間の神様が良い天気でみんなを歩かせるようにしてくれたのだと思う。思い思いの気持ちで大橋を渡ってほしい」と呼び掛けた。

 選手宣誓では池間小学校6年の浜川大和君が「25周年を記念してみんなで楽しく歩きます」と元気に宣言した。

 ウオーキングに出発した参加者たちは知り合い同士で話をしたり景色を見たりしながら、狩俣側橋詰めで折り返す約5㌔を思い思いのペースで歩いた。完歩者は143人だった。

 正午からは炊き出しで作られた豚汁が振る舞われ、午後からは大人たちはグラウンドゴルフを、子供たちは体育館でドッジボールを楽しんだ。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!