04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
政治・行政 社会・全般
2017年2月15日(水)9:04

市総合計画基本構想を答申/審議会

市長「島づくり市民と協働」


第2次市総合計画の基本構想を下地敏彦市長(右)に答申する下地芳郎会長=14日、平良港ターミナルビル

第2次市総合計画の基本構想を下地敏彦市長(右)に答申する下地芳郎会長=14日、平良港ターミナルビル

 市総合計画審議会(会長・下地芳郎琉大教授)は14日、平良港ターミナルビルで第2次市総合計画の基本構想を下地敏彦市長に答申した。同構想は、「心かよう夢と希望に満ちた島 宮古(みゃ~く)~みんなで創る 結いの島~」を基本理念に掲げ、市の今後10年間(2017年度~2026年度)の指標となる。下地市長は「今後の宮古島市の市政運営については、市民をはじめ本市に関わる全ての方と、夢と希望に満ちた島づくりを協働して進めていきたい」と決意を示した。

 この基本構想の実現に向けては「基本計画」(17年度~21年度)を定めて計画の着実な推進に向けて取り組む。同日は、下地市長が向こう5カ年間の前期「基本計画」を審議会に諮問。「市の将来像を見据えながら、活発な議論を展開していただきたい」と話した。

 答申された同構想は、島づくりの基本理念を定め、それを実現するための基本目標や施策の大綱を示し計画的、総合的な島づくりの推進を図ることが目的。

 施策の体系として①地下水や豊かな自然環境と共生したエコアイランド宮古②子どもたちが笑顔にあふれ活力と郷土愛に満ちた宮古③一人ひとりが支え合い幸せと潤いのある健康福祉の宮古④島の特色を活かした産業の振興、多彩な交流・活力にあふれる宮古-など6項目を掲げている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!