06/14
2024
Fri
旧暦:5月8日 赤口 戊 
政治・行政
2017年2月21日(火)9:05

「利活用急ぐ必要ある」/鶴保大臣宮古視察

下地島空港で見解


伊良部大橋の建設概要などの説明に聞き入る鶴保大臣(左)=19日、伊良部大橋

伊良部大橋の建設概要などの説明に聞き入る鶴保大臣(左)=19日、伊良部大橋

 18日から宮古島視察のため来島している鶴保庸介沖縄担当大臣は19日、伊良部大橋や下地島空港、サトウキビ収穫作業、メガソーラー実証研究設備のほか、工事中のスポーツ観光交流拠点施設などを視察し、2日間の日程を終えた。

 2日間の宮古島視察について鶴保大臣は「交通の面など離島特有の不利性はあるが、多くの可能性と熱意を感じることができた。今後、私たちとしてもできる限りのことをサポートしたい」と話した。

 下地島空港の利活用については「思ったよりも空港の傷みが進んでいると感じた。そんなに時間的余裕があるとは思えない。利活用についてはかなり急いでさまざまな道筋を立てる必要がある。地元の意向を確認しながらできる限りのアドバイスや国としての思いを伝える必要があると感じた」と述べた。

 理想的な利活用方法については「まずは維持管理がしっかりできるということが前提。各地方空港が運営で大変な苦しみを感じている中で、下地島空港もそう簡単なことではないと思う。だからといってスタートすることをためらってはいけない。そのためにも早く計画を立ててその方向に沿ってサポートしたい」との見解を示した。

 視察の最後は、スポーツ観光交流拠点施設を視察。当局側からの同施設の活用方法や施設概要の説明に聞き入っていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!