04/14
2024
Sun
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2017年2月21日(火)9:06

元米空軍レーダー技師が50年ぶり来島/宮古島で知人探しの旅

約50ぶりに宮古島を訪れたレイニーさん=20日、平良下里の宿泊先

約50ぶりに宮古島を訪れたレイニーさん=20日、平良下里の宿泊先

 沖縄が日本に復帰する前の1964年1月から65年1月まで、上野野原の米軍第623航空警戒管制中隊第1分遣隊(当時。現在の航空自衛隊宮古島分屯基地)で、レーダー技師として勤務していたバゼル・G・レイニーさん(73)=米国ミシガン州在住=が、約50年ぶりに宮古島を訪れている。

 レイニーさんは「同分遣隊に勤務していたとき、宮古島の人たちはとても友好的でオープンだった。何人もの知人、友人ができたが、自分も若くて経済的な余裕もなかったため、音信が途絶え、名前も今は覚えていない人が多い」と話し「当時の思い出は人生の大切な一部なので、できれば再会できる人がいればうれしい」。

 レイニーさんは23日の午前中には宮古島を離れる。「当時の交流などに心当たりのある人は、連絡をしてほしい」と話している。連絡先は民泊している東野加代子さん(電話090・1556・1920)。

 基地に勤務していた当時は「レイニーさん」と呼ばれることが多かったという。「基地内食堂では5人ぐらい、女性が働いていた。そのうちの1人の名前は『ミチコ』だったと記憶している。また基地警備も5人ぐらいいたと思う。よく話しもした」と当時を語る。

 レイニーさんは東野さんと一緒に、当時の写真や記憶を頼りに、よく通っていた市内の店などを巡っているが、当時の面影はほとんどないという。

 レイニーさんは64年に滞在した時の話として「キンジョウ」という警察官がいて、酔っ払いを見事に取り押さえたことがあった。警察の仕事をしていた「ジュンコ」という女性がいたと記憶している。「その家に上司とともに食事に呼ばれた。家の人は英語をほとんど話せなかったが、非常に親切だったこと。灯油や炭を使って料理していたことを覚えている」と、語った。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!