02/22
2024
Thu
旧暦:1月12日 赤口 乙 
政治・行政
2017年2月28日(火)9:05

農業委員、公募制に/改正農業委員会法

委員17人、推進委員21人

 改正農業委員会法の施行で、宮古島市農業委員会の公選制が廃止される。公募制で農業委員17人、最適化推進委員21人を選任。現行より8人多い38人で市の農地行政に当たる方針だ。施行日は現委員の任期満了後の10月16日となる。27日の議案説明会で、農業委員会事務局が説明した。

 改正農業委員会法の柱は▽農業委員会事務の重点化▽農業委員選出方法の変更▽農地利用最適化推進委員の新設-の3点。農地利用の一層の最適化を狙う。

 農業委員の選出においては公選制を廃止する。公募制を導入し、市町村長が議会の同意を得て任命する方法に改める。農業委員の過半数は原則として認定農業者でなければならない。

 農業委員、推進委員の合計を38人とする定数は全国農業会議所の方針に基づいて算出。県内他農業委員会の増加率も参考にした。

 報酬額は会長が現行と同額の月額5万円、会長職務代理者は4万7000円から2000円減額、農業委員は4万7000円から6000円の減額となる。新設の最適化推進委員は3万5000円。定数増に伴う全体増額幅は年額38万4000円に抑えた。

 市議会3月定例会には委員定数や報酬額といった関連議案を3本提出。議決を経て公募制による委員選出作業を本格化させる。

 現在の宮古島市の農業委員会は、選挙で選ばれた委員23人と選任委員7人の計30人で構成されている。


カテゴリー一覧

観光関係

2024年1月21日(日)8:57
8:57

トライ応援ツアー再開へ/観光協青年部

活動目標に「エンジョイ」   宮古島観光協会青年部(大嶺宣之部長)の第40回定期総会が20日、市内の飲食店で開かれ2024年度の事業計画や予算を決めた。事業計画では全日本トライアスロン宮古島大会応援バスツアーを5年ぶりに再開することなどが承認された。

2023年12月15日(金)13:07
13:07

【宮古島スイーツ】cafe nuisで至福なひととき!

  【宮古島スイーツ特集】 #宮古島 には #スイーツ がいっぱい!探して見つけてハッピーに♪ #宮古毎日新聞 のホームページで 宮古島内のスイーツを紹介する特集コーナー!   記者が実際に店舗を訪ね、イチオシスイーツの魅力を聞きました! …

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!