05/21
2024
Tue
旧暦:4月13日 仏滅 甲 小満
政治・行政
2017年3月10日(金)9:05

富川氏に副知事辞令交付/翁長知事

「基地問題解決に一丸」


翁長雄志知事(右)から辞令を受ける富川盛武氏(左)=9日午前、県庁

翁長雄志知事(右)から辞令を受ける富川盛武氏(左)=9日午前、県庁

 【那覇支社】翁長雄志知事は9日午前、県庁で元沖縄国際大学長で前県政策参与の富川盛武氏(69)に副知事の辞令を交付した。

 翁長知事はあいさつで「県の最重要課題である基地問題をはじめ、産業振興、雇用問題の対応など解決すべき多くの課題を抱えており、これまでの豊富な経験と知識を十分に発揮して、県行政の発展に尽力してほしい」と期待を込めた。

 富川氏は「基地問題では知事を先頭に、浦﨑唯昭副知事や政策調整監(に就任予定)の吉田勝廣さんとスクラムを組んで、一丸となって対応したい。知事を支える立場として辺野古には基地を造らせないということを基本にして対応していく」と意欲を示した。

 また、「経済が専門なので、これまで関わってきた沖縄世紀ビジョン基本計画やアジア経済戦略構想など、経済の面でも尽力したい。沖縄振興は政局はともかくとして、いささかも滞ってはいけないので、経済界や政府とも連携を取りながら進めていきたい」と語った。

 富川盛武(とみかわ・もりたけ) 1948年1月13日生まれ。北谷町出身。琉球大学法文学部卒。明治大学大学院修了。2008~12年まで沖縄国際大学理事長・学長。15年から県政策参与。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月7日(火)9:00
9:00

宮古馬、ビーチで啓蒙活動/観光客らに事故防止呼び掛け

下地与那覇の前浜ビーチで5日、宮古馬を同伴した水難事故防止活動が行われた。宮古島署地域課、市地域振興課の職員ほか、宮古馬2頭、馬の飼育員が参加し、観光客や市民にライフジャケットの適正着用などが記されたガイドブックを配布して海での事故防止を呼び掛けた。

2024年5月7日(火)9:00
9:00

「 また絶対来たい 」/思い出とともに帰路へ

連休最終日・宮古空港 最大10連休となった今年の大型連休は6日、最終日を迎え、宮古空港はUターンラッシュのピークとなった。南国の自然を満喫した観光客や里帰りした人たちが、大きな荷物と思い出を土産に帰路に就いた。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!