04/16
2024
Tue
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
社会・全般
2017年3月14日(火)9:03

友達同士で「ハイチーズ」

笑顔カレンダー撮影会/うむい宮古島


福島県の子供たちを宮古島に招く「笑顔カレンダー」の撮影会に参加した子どもたち=12日、マックスバリュ宮古南店前

福島県の子供たちを宮古島に招く「笑顔カレンダー」の撮影会に参加した子どもたち=12日、マックスバリュ宮古南店前

 うむい宮古島(藤井一郎会長)は12日、東日本大震災で原発事故の影響が今も残る福島県の子供たちを宮古島に招く企画を市内大型スーパーで行った。資金造成のための「笑顔カレンダー」の撮影会で、家族連れや友達同士などが協力した。

 「笑顔カレンダー」は、福島へのメッセージを書いた市民が、自分の好きな月日を指定し、500円の「協力金」を払って思い思いのポーズで写真を掲載することができる。

 うむい宮古島が2012年から制作。1部500円で販売し、その販売収益と協力金などで、福島の子どもたちを「保養」として招待している。

 藤井会長は「宮古島に保養に行きたいという人が増えている。震災から6年経つが、宮古から熱いメッセージを届けるという初心を忘れずに、これからも続けていきたい」と話した。

 3月11日を指定した平良琉心さん、前川凜さん(ともに小4)の友人同士は「福島の人たちが早く元気になってほしいという気持ちと、震災の日の3月11日を忘れないようにと思って選んだ」と話した。

 次回撮影会は、20日午前11時~午後2時まで宮古バプテスト教会(ぐるぐる交換まつり会場)で行われる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!