04/16
2024
Tue
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
教育・文化
2017年3月15日(水)9:03

漢字一字に思い込め

「全国はがき筆文字プレ展」/西原地区巡回展


漢字一字に思いを込めて書き上げた作品を紹介する(右から)仲間さん、嵩原さん、花城さん、古波蔵さん=14日、西原地区公民館

漢字一字に思いを込めて書き上げた作品を紹介する(右から)仲間さん、嵩原さん、花城さん、古波蔵さん=14日、西原地区公民館

 「全国はがき筆文字プレ展」西原地区巡回展(7~14日)最終日の14日、会場の西原地区公民館には、多く地域住民らが訪れ、児童・生徒たちの優れた作品を興味津々に見入っていた。この日は「はがき筆文字」体験が併催され、住民らは、漢字一字に思いを込めて一気に書き上げた。同体験では、参加者らははがきサイズの紙に、思いを込めた漢字一字を書き込んだ。主催は、全国はがき筆文字展事務局(池田海真事務局長)。

 西原みどり会会長の仲間忠さんは「会員一同が集まるように『集』を書いた」、同会会員の嵩原安雄さんは「いつも澄み切った心をモットーにしているので『澄』を書き上げた」と語った。

 同じく花城愛子さんは「生涯現役を込めて『生』を書いた」、古波蔵峰子さんは「『人生楽しく笑顔』が生き方であるから『楽』の一字に魂を吹き込んだ」とそれぞれ話した。

 住民らが積極的に協力したことから、池田事務局長は感謝の意を表していた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!