06/13
2024
Thu
旧暦:5月7日 大安 丁 
社会・全般
2017年3月17日(金)9:04

まもる君の石像除幕/安協60周年記念事業

交通安全の啓蒙期待


石像を除幕する新里会長(写真左から3人目)と関係者ら=16日、あたらす市場

石像を除幕する新里会長(写真左から3人目)と関係者ら=16日、あたらす市場

 「宮古島まもる君」石像の除幕式(主催・宮古島地区交通安全協会)が16日、ファーマーズマーケット「あたらす市場」の駐車場で、交通ボランティアらも参加して行われた。この石像は同協会(安協・新里孝行会長)創立60周年記念事業の一環として制作され、この日除幕を迎えた。石像は「あたらす市場」駐車場に、県道78号線(通称・城辺線)に面して設置された。

 除幕式で新里会長は「60周年記念事業として昨年から準備してきた。JAおきなわ宮古地区本部の厚意で、ここに設置できた。これからこの『宮古島まもる君石像』は地区の交通安全の啓蒙活動をしてくれると期待している」とあいさつした。

 宮古島署の大城辰男署長はこの日の朝、伊良部前里添で発生した飲酒絡みの重傷交通事故に触れ「飲酒絡みと高齢者による事故は多い。交通事故防止の啓発につながってほしい」と期待を寄せた。

 敷地を提供したJAおきなわ宮古地区本部の下地保造本部長は「ここは宮古の生産者や消費者が毎日多く来るところ。そして県道78号線沿いに設置され、多くの人がこの石像に接することができる所にあるので、交通事故のない、安全で豊かなまちづくりに貢献すると思う」と述べた。

 石像は御影石製で、高さ140㌢、重さ約1㌧。同協会が約60万円の費用を投じて、交通安全の意識高揚と交通事故防止に務め、安全で快適な交通環境の確立を願って製作した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!