04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
産業・経済
2017年3月18日(土)9:06

きび生産量40万㌧台へ/16―17年産

市が見込み量示す/市議会一般質問


40万㌧を上回る生産量が期待される今期サトウキビ(資料写真)

40万㌧を上回る生産量が期待される今期サトウキビ(資料写真)

 市議会(棚原芳樹議長)3月定例会は17日、一般質問の初日が行われた。5人の市議が市の各種諸課題について当局の見解をただした。サトウキビの今期(16―17年産)見込みの質問に砂川一弘農林水産部長は「沖縄製糖宮古工場、宮古製糖城辺工場、同伊良部工場の合計で38万944㌧を見込んでいる」と報告した。すでに搬入量の修正を終えた宮糖多良間工場の2万3495㌧の見込み量を加えると、全体で40万㌧を超えることがわかった。下地明氏の質問に答えた。



 今期の生産見込みについて、砂川部長は「台風や干ばつの被害がほとんど無く、気象条件にも恵まれたことが大きく前期を大きく上回る見込みとなっている」と説明した。


 砂川部長によると、当初の生産見込みは34万1000㌧としていたが操業開始以来、さらに増産が見込まれ、1~2月の再調査の結果、これまでの見込み量をさらに上回る見込みであることが報告された。


 各工場別では、沖縄製糖宮古工場が16万5000㌧、宮古製糖城辺工場が14万4855㌧、同伊良部工場が7万1089㌧で3工場合計では38万944㌧を見込んでいる。


 さらに、搬入量の修正を終えた宮糖多良間工場分を加えた概算の地区全体の見込み量は40万4439㌧となっている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!