04/16
2024
Tue
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
政治・行政 社会・全般
2017年3月21日(火)9:06

口蹄疫防止に理解を

クルーズ乗客に広報/宮古家保など


クルーズ船の乗客に広報用ティッシュを配布し、口蹄疫等家畜伝染病侵入防止への理解を求めた=20日、平良港下崎ふ頭

クルーズ船の乗客に広報用ティッシュを配布し、口蹄疫等家畜伝染病侵入防止への理解を求めた=20日、平良港下崎ふ頭

 2017年初のクルーズ船入港に合わせて、宮古家畜保健衛生所と宮古島市は20日午後、口蹄疫などの特定家畜伝染病の侵入を防ぐキャンペーンを行った。乗客に広報用資料を配って注意を喚起した。家畜防疫官はクルーズ船内に入って汚染物品の有無等を調べた。

 今年初のクルーズ船「カレドニアンスカイ」号は昼ごろに平良港下崎ふ頭に入港した。キャンペーンはこの船の乗客が対象。

 セレモニー後、下船する乗客に広報用資料を入れたティッシュを配り、肉製品の持ち出し禁止や農場への立ち入り禁止を促した。

 家畜防疫官による船内調査も行われた。平良港は昨年11月に家畜伝染病予防法に基づく検疫強化港に指定されている。動物検疫所沖縄支所から複数の家畜防疫官が来島し、汚染物品の有無を調べるなどしてウイルス侵入防止対策を講じた。

 歓迎セレモニーで同支所の鎌川浩之所長は、肉用牛生産が宮古島において重要な基幹産業に位置付けられていると指摘。「関係機関と連携し、悪性家畜伝染病の侵入防止を通じて発生の予防に貢献したい。引き続き動物検疫に支援をいただきたい」と述べた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!