04/16
2024
Tue
旧暦:3月8日 仏滅 庚 
イベント
2017年3月26日(日)9:02

利用75万人を達成/宮古青少年の家

下地洋翔くんに記念品


75万人目利用者の下地洋翔くん(左)に安慶田所長(右)から記念の品が贈られた=24日、宮古青少年の家

75万人目利用者の下地洋翔くん(左)に安慶田所長(右)から記念の品が贈られた=24日、宮古青少年の家

 県立宮古青少年の家(安慶田昌宏所長)の延べ利用者数が24日、75万人を達成した。訪れた児童デイサービス・ケーキの児童の中で来場75万人目となった下地洋翔君(10)に記念の菓子が贈られた。



 宮古青少年の家は1980年に設立され、以来36年間にわたり大野山林をフィールドとする自然との触れ合いをベースにした「大野山林にきたえる少年の集い」「野外活動少年団」「大野山林自然散策」「ファミリーキャンプ」「親子海浜活動」など、多くの主催・自主事業を継続して展開してきた。


 現在、年間平均2万200人、1日65人が利用している。


 75万人達成に安慶田所長は「これまで多くの皆さんに利用していただいた。自然と触れ合うことで心身の成長にもつながるよう今後ともお手伝いしていきたい」と達成の意義を語っていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!