06/15
2024
Sat
旧暦:5月10日 友引 庚 
産業・経済
2017年3月29日(水)9:05

養殖車エビ生産が不調/宮古島漁協経管委

今年度赤字200万円


参加者らは今後の養殖車エビの対応について意見を交わした=28日、宮古島漁協

参加者らは今後の養殖車エビの対応について意見を交わした=28日、宮古島漁協

 2016年度宮古島漁業協同組合経営改善管理委員会(委員長・下地敏彦市長)及び第2回幹事会(幹事長・砂川一弘市農林水産部長)が28日、同漁協で開かれた。今年度は同漁協(渡真利一夫組合長)が自営する高野車海老養殖場が生産不調で大幅な減産となったことから、同年度収支決算見込みでは200万円の赤字、累積赤字では2122万円に膨らむ見通し。



 この日配布された「2016年度取り組み実績」資料によると、自営事業の養殖車エビ生産量は1・5㌧、贈答品は400㌔あった。2月より各養殖池を消毒し池干しを実施している。


 同漁協の2015年度業務報告書によると、養殖車エビ事業の前年度実績は生産約30㌧、販売高約1億5000万円。今年度計画は生産目標30㌧、販売高約1億100万円を予想しいた。


 下地市長は「今期は車エビ養殖が不調でダメージが大きい。今後の経営改善への影響が懸念されるが、行政として支援したいきたい」と述べた。


 委員からは「県内にはいろんな車エビ養殖場があり、そこからアドバイスを受けて成果を上げてほしい」「車エビ養殖事業はリスクを抱える事業なので、共済掛け金を見直しては」などといった意見があった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!