06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
社会・全般
2017年4月12日(水)9:06

障がい者の社会参加を支援/ビザライ

グループホーム・イースⅡ落成


テープカットを行う勝連代表(左から3人目)、下地市長(同4人目)と関係者ら=11日、障がい者グループホーム・イースⅡ

テープカットを行う勝連代表(左から3人目)、下地市長(同4人目)と関係者ら=11日、障がい者グループホーム・イースⅡ

 株式会社ビザライ(勝連聖史代表)が平良東仲宗根で建設を進めていた障がい者グループホーム・イースⅡが完成し、11日、落成式が行われた。勝連代表をはじめ下地敏彦市長、施工業者の関係者らが参加し盛大に祝った。入居者は15日から引っ越しが始まり、自立・社会参加に向けて新しい生活をスタートさせる。

 新施設は敷地面積983平方㍍の中に建つ鉄筋コンクリート造り平屋。建物面積約250平方㍍。総事業費は国の社会福祉施設等施設整備事業補助金2000万円とビザライ負担の5000万円を合わせた7000万円。

 主な設備は定員居室10室(男性10人)で、利用対象者は歳未満を除く知的・身体・精神障がい者。食堂1室を整備。居間にはテレビやソファ、ダイニングセットなどが設置されている。

 サービス内容は、日常生活の相談支援や家事などの日常生活の支援、地域行事への参加や余暇活動の支援。

 勝連代表は「ビザライは今年1月で3周年を迎えることができた。その間、社員数も120人を超え、事業所数もこのグループホームを含めて9カ所目となる。入居者同様に私たちも気持ちを新たに、スタッフも、より一層の努力を重ねて、業務に励んでいきたい」と述べた。

 下地市長は「自立・社会参加を進め、共生社会が実現することを期待する」と挨拶した。

 次いで下地市長、勝連代表、グループホーム責任者の砂川洋子さん、宮古島市の前福祉部長の豊見山京子さん、LSDデザイン株式会社の平良玄峰代表、久仲工建の仲間正人代表の6人がテープカット。

 祝賀会では、新しい施設の喜びを分かち合った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!