06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2017年4月14日(金)9:05

国営かんがい事業40億円/伊良部地区

17年度予算額 地下ダム2カ所など計画


下地市長(右)に17年度予算などの説明をした勝見所長(左)と関係者ら=13日、市平良庁舎

下地市長(右)に17年度予算などの説明をした勝見所長(左)と関係者ら=13日、市平良庁舎

 沖縄総合事務局の宮古伊良部農業水利事業所の勝見崇所長らが13日、市平良庁舎で、下地敏彦市長に今年度の農業農村整備事業の予算の説明と、新たに着任した職員らの紹介をした。また、土地改良総合事務所宮古支所(飯田稔支所長)が17日にオープンすることも報告した。同支所は国営かんがい排水事業(国営施設応急対策事業)で、老朽化した用水路などの補修整備の計画を進める。予算は2億5000万円。今年度が初年度で、全体で13億円の事業を計画している。

 今年度の宮古伊良部地区の国営かんがい排水事業の予算は40億円(前年度32億円)で、主要工事計画では地下ダム2カ所、副貯水池1カ所と揚水機場6カ所などが挙げられており、2018年度末までには、伊良部のファームポンドに試験送水する予定。

 下地市長は「この応急事業で、老朽化している所を国がきちんと取り替えるということなので、これは大変にありがたい。これを自前で進めるのは大変。今、宮古の農業の発展は水が来ているおかげ」と話した。

 勝見所長は「そう言ってもらえると、われわれもやりがいがある」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!