04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
社会・全般
2017年4月14日(金)9:06

農地仲介面積35・7㌶/中間管理事業

有効利用で着実な成果


農地中間管理事業の実績を報告する崎原専務理事(左)=13日、市役所平良庁舎

農地中間管理事業の実績を報告する崎原専務理事(左)=13日、市役所平良庁舎

 農地の貸し借りを仲介する県農業振興公社の農地中間管理事業で、宮古島市内の借り受けおよび貸付面積が35・7㌶に達していることが分かった。県内自治体では石垣市に次いで2番目に大きい面積となる。実施3年目を迎えている農地中間管理事業の浸透を裏付けた。13日午後、同公社の崎原盛光専務理事が下地敏彦市長に報告した。

 農地中間管理事業は、農地の集積・集約化を図って担い手に貸し付け、農地の有効活用を促進することが大きな狙い。管理機構が農地を借り受け、集約化して受け手(担い手)へ貸し付けている。2014年度から実施されている。

 14~15年度は事業内容が浸透せず、「ほとんど実績を上げられなかった」(崎原専務理事)という。その言葉通り、借受面積は県全体で108㌶、貸し付けは15㌶と振るわなかった。

 しかし、事業3年目の16年度は借り受け、貸し付け面積とも急伸。事業概要の浸透と、管理機構への農家の信頼向上などもあって実績が一気に上がった。

 16年度末までの県全体の累計実績(速報値)は、439人から252㌶を借り受け、このうち203㌶を226人に貸し付けた。仲介役としての事業成果が着実に表れ始めている。

 宮古島市の実績をみてみると、14年度は1農家から0・5㌶の借受のみ。貸し付けは実施していない。15年度は7人から6・5㌶を借り受けたが、貸付面積はわずか1・3㌶(貸付人数は3人)にとどまった。

 この実績が16年度は一気に伸び、29人から28・7㌶を借り受け、34・5㌶を35人に貸し付けている。この結果、3年間の累計では借り受け、貸付面積とも30㌶を超える実績となった。

 市長表敬で崎原専務理事は「農家の信用を得るのに時間はかかったがようやく成果が出た」と話した。その上で「宮古島市の実績がすごい。駐在員をはじめ農政課や農業委員会等の連携なくてはできなかった。この事業は宮古で一番うまく機能している」と述べ、理解と協力に感謝した。

 実績報告を受け下地市長は「若い人が農地の確保に苦労している。有効利用をすることで生産振興につながる」と述べ、一層の事業成果に期待を込めた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!