04/20
2024
Sat
旧暦:3月12日 友引 甲 
産業・経済
2017年4月18日(火)9:02

クマザリゾート事業再生/城辺長間

日建ハウジングが地鎮祭


くわ入れを行う(左から)仲原取締役、岡﨑社長、新井社長、黒島社長=17日、城辺長間の建設用地

くわ入れを行う(左から)仲原取締役、岡﨑社長、新井社長、黒島社長=17日、城辺長間の建設用地

 日建ハウジング(那覇市、新井正樹社長)が城辺長間の通称クマザ海岸で工事が中断していたリゾートホテルの事業譲渡を受け改めて建設、整備を行う宮古島東海岸リゾートホテル(仮称)の地鎮祭が17日、建設用地で行われた。関係者がくわ入れを行い、工事の安全を祈願した。

 同ホテルはコテージタイプで26棟41室を整備。全室にプライベートプールが完備される。総敷地面積は3万114平方㍍、延べ床面積は3952平方㍍。2018年10月末竣工、同年末から19年初旬での開業を目指す。宿泊料金は1泊4万円から。

 事業主体は日建ハウジングで、設計、管理をUDS(東京、中川敬文社長)が、ホテルの運営は沖縄UDS(那覇市、岡﨑勝彦社長)が行う。

 地鎮祭では宮古神社の神主による神事が行われ、新井社長、岡﨑社長、UDSの仲原典人取締役、工事請負者である先嶋建設の黒島正夫社長がくわ入れを行い、工事の安全を祈願した。

 新井社長は中断していたホテル開発の事業譲渡を受け、再整備に着手した理由について「宮古各所でホテルを作っているが、このロケーションはとても良く、リゾートホテルを作るのにふさわしく、ぜひ作ってみたい、この土地を生かしたいと思った」と説明する。

 岡﨑社長は「山と海の間に立つホテルなので海と山の両方を楽しむことができる。各部屋にコンシェルジュが付くので、宿泊客一組一組それぞれに合ったサービスを提供していきたい」との考えを示した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!