07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
イベント スポーツ
2017年4月23日(日)9:07

1661人が限界に挑戦

午前7時、前浜スタート


最後の調整をしながら、本番に向けバイクの預託に向かうアスリート=22日、下地上地

最後の調整をしながら、本番に向けバイクの預託に向かうアスリート=22日、下地上地

 第33回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・同実行委ほか)が23日午前7時にスタートする。今大会には47都道府県と海外16の国と地域から121人の合わせて1661人がエントリー。それぞれのアスリートが優勝や上位入賞、完走などそれぞれの目標を胸に苛酷なレースに挑戦する。レースは下地の与那覇前浜ビーチでスイム3㌔がスタート。バイク157㌔とラン42・195㌔の合わせて202・195㌔で自己の限界に挑む。

 午前7時に下地の与那覇前浜ビーチでスイムがスタート、バイクは下地与那覇をスタートし、島をほぼ1周半するコース。ランは宮古工業高校駐車場から県道78号線(通称・城辺線)城辺保良を折り返すコースで選手は健脚を競う。制限時間は午後8時30分までの13時間30分。

 スイムの制限時間は午前8時30分バイクは午後3時20分、ランは午後8時30分。

 優勝争いは混とんとしているが、昨年7時間52分9秒で優勝した戸原開人(28)=神奈川県=が3連覇を懸ける。アイアンマンニュージーランド大会で通算12回の優勝を果たしているキャメロン・ブラウン(44)=ニュージーランド=も優勝を狙う。第30回大会で、得意のバイク競技で飛ばしすぎ、ランに入りリタイアしたサイモン・ヤン(30)=ドイツ=も、今大会で、雪辱を期す。

 女子は昨年3位の酒井絵美(37)=群馬県=が現役最後のレースに挑む。この大会で初のロングトライアスロンに挑む、クリスティー・オズボーン(34)=アメリカ=はロングは未知数。

 午前5時30分にスイム会場で競技実施検討委員会を開き、大会実施の可否を最終的に判断する。波など海の状況によってはスイム競技を中止し、ラン、バイク、ランのデュアスロンに変更される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!