05/25
2024
Sat
旧暦:4月17日 友引 戊 
スポーツ
2017年4月25日(火)9:02

平良中男子、準V凱旋/九州選抜卓球

全日本16強の力示す


九州中学選抜で準優勝し凱旋した平良中卓球部=24日、宮古空港

九州中学選抜で準優勝し凱旋した平良中卓球部=24日、宮古空港

 卓球の第2回九州中学選抜大会は22、23両日、熊本県の玉名市総合体育館で男子団体の決勝トーナメントを行い、沖縄代表の平良中が準優勝に輝いた。3月の全日本大会16強の実力を証明した。優勝は明豊。24日に帰島した生徒は「来月のNHK杯では上位を独占したい」と意気込んだ。

 団体戦はシングル4、ダブルス1の計5試合の結果で勝敗を決める。

 予選リーグを突破した平良中は、決勝トーナメント1回戦で宮崎の高鍋西、2回戦で福岡の壱岐、3回戦では宮崎の日南学園を下して準決勝に進んだ。

 準決勝は福岡の横代と対戦した。牧志卓磨、兼島研斗、砂川朝博の3人がシングルスを取って勝利、決勝進出を決めた。

 決勝は3月の全日本2位の明豊(大分)。この試合はストレートで敗れて優勝はならなかったが、九州各県の代表33校の中で準優勝の快挙を達成した。

 空港では学校関係者や父母が祝福した。下地研範監督は「生徒たちは1戦1戦強くなった。予選を含めると7連戦。いま持っている力を全部出し切ることができたと思う」と話し、戦い抜いた生徒をたたえた。

 主将の横田恵叶君は「1人1人が目標を達成できた良い大会だった。次はNHK杯で上位独占できるように頑張りたい」と話し、次戦に意欲を見せた。

 亀川昌彦校長は「高い目標を設定し、努力した成果を本番で発揮できる皆さんのすごさを感じた」と祝福した。その上で「この勝利を自信にして夏季総体を連覇し、もう一度九州大会に行こう」と励ました。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!