04/13
2024
Sat
旧暦:3月5日 先勝 丁 
イベント
2017年4月30日(日)9:05

感謝の催し、盛況/創作ダンス、抽選会楽しむ

ボランティア一堂に集う/トライアスロン


大会ボランティアの皆さんが音楽ライブやダンスを楽しんだ=29日、市中央公民館

大会ボランティアの皆さんが音楽ライブやダンスを楽しんだ=29日、市中央公民館

 全日本トライアスロン宮古島大会ボランティアの集いが29日、市中央公民館で開かれた。大会を支えたボランティアの皆さんが参加し、音楽ライブやダンスパフォーマンスを楽しみながら次回大会の成功を誓い合った。応援幕コンテストの表彰式もあり、入賞団体に賞状と副賞が贈られた。



 第回大会は23日に開催された。ボランティアは約5000人。それぞれの持ち場で大会を支えた。


 実行委員長の長濱政治副市長は「ありがとう。そしてお疲れさまでした。皆さんのおかげで、安全、安心で盛り上がる大会にすることができた」と感謝。「ボランティアが5000人もいるというのは本当にすごいこと。この大会は皆さんがいるからこそ成り立っている」と話し、感謝の集いを楽しむよう促した。


 この後、応援幕コンテストの入賞者・団体を表彰した。長濱副市長や協賛各社の代表が表彰し、創意工夫の応援幕をたたえた。


 ワイドー大賞を受賞した狩俣中生徒会の作品は、パーントゥをモチーフにした同校のキャラクター「バリバーくん」が、スイム、バイク、ランの3種目に挑戦する姿を描き、下方には生徒全員の顔写真を色鮮やかな花とともに配した。


 狩俣蓮会長は「大賞目指して頑張ってきたので実現できてとてもうれしい。トライアスロンの選手の応援に役立てて良かった」と話し、ワイドー大賞受賞とボランティア参加を喜んだ。


 この後、宮古高校、伊良部高校、宮古総合実業高校の生徒が音楽ライブやダンスパフォーマンスを披露して会場を沸かせた。


 宮高軽音部のボーカルの砂川綾乃さんは「トライアスロンは宮古島のみんなが支えるとても素晴らしい大会。今年もみんなの協力のおかげで大成功を収めることができた」と話し、ボランティアの功績をたたえながら音楽を届けた。


 最後は航空券や飲料、ランチバイキング券、商品券などが当たる抽選会でにぎわいを見せていた。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!