06/15
2024
Sat
旧暦:5月10日 友引 庚 
政治・行政
2017年5月20日(土)9:06

告示まで1カ月/多良間村長選

現職、前職の一騎打ちへ

 【多良間】任期満了に伴う多良間村長選の告示(6月20日、同25日投票)まで1カ月と迫った。これまでに、現職の伊良皆光夫氏(61)と前職の下地昌明氏(65)が立候補の意思を表明しており、一騎打ちの公算が大きい。水面下での動きは活発化している。

 伊良皆氏、下地氏ともに出馬表明を済ませて支持基盤固めに着手。伊良皆氏は先月27日に後援会の事務所開きを終えた。下地氏は21日に事務所を開く。

 2期目に挑む伊良皆氏は先月23日の出馬表明で基本政策を発表。産業振興では国営事業による水利用農業の推進を強調、畜産分野では繁殖牛生産の規模拡大を目指す。パヤオの設置等水産業振興もうたった。

 観光関連では受け入れ体制の強化を基軸に各種施策を展開する。教育環境の整備も重要事項に挙げた。

 そのほか村政発展のための行財政改革を推進。石垣航空路の早期再開や光ブロードバンド事業の導入、移住・定住を促進する住環境の充実などを掲げた。

 2期目に向けて伊良皆氏は「人口減少という難局を乗り越え、すべての人が心豊かに住み続けられる『ゆかり村』を築きたい」と決意を述べている。

 一方の下地氏は先月27日に出馬を表明。過去2期8年にわたって村政を担った実績を踏まえ、八つの基本政策を発表した。

 農業振興ではサトウキビ産業の拡充促進を図る。カボチャの振興ほか肉用牛産業の充実も盛り込んだ。

 次代を担う子どもたちの教育環境の整備に重点を置いている。福祉の充実と併せて、きめ細かな住民サービスの展開を描く。

 交通および通信基盤の整備や行財政改革の推進、特産品の生産加工並びに直売所の建設も進める。

 下地氏は、「有識者や村議会、村職員を交え、大胆にして細心に課題の解決を図り、多良間村の建設に取り組んでいきたい」と返り咲きに意欲を見せる。

 告示が迫り、水面下の攻防は活発化。今月末には村議選も施行されるとあって島内の選挙ムードは日ごとに高まっている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!