06/15
2024
Sat
旧暦:5月10日 友引 庚 
スポーツ
2017年5月25日(木)9:03

「海外で結果出す」

独サッカーチーム移籍/友利皓さん市平良出身


ドイツのチームに移籍が決まった友利皓さん=23日、平良東仲宗根の友利さん宅

ドイツのチームに移籍が決まった友利皓さん=23日、平良東仲宗根の友利さん宅

 宮古島市平良出身の友利皓さん(23)が4月、ドイツのサッカー6部、ランデスリーガーのDSV1900への移籍が決まり、7月にドイツに渡り、チームと合流する。海外でプロサッカー選手としての夢実現に挑む。「ずるずるとやっても仕方がないので、6カ月間で結果を出す」と自分で決めた。「超えたいライバルは自分」と言い切る。

 友利さんは幼稚園のころからサッカーを始め、東小学校、北中学校、宮古高校、吉備国際大学(岡山県)とサッカーを続けてきた。これまでは東京都の社会人チーム、東京HBOに所属。MF(ミッドフィルダー)として活躍してきた。

 ドイツチームへの移籍について「ドイツはサッカーの組織が一番しっかりしているし、ワールド杯優勝の経験もある」と、ドイツでのプレーを決めた。

 移籍は自ら代理人を見つけてチームと交渉。今年4月29日に正式に契約を結んだ。

 その後、ドイツで1カ月程、チームの練習に参加した。「最初の得点を挙げるまでは、ボールがなかなか回ってこなかった」と振り返る。「見える形で結果を出さないとダメ。まず、多くの得点を挙げたい」と意欲的だ。

 ドイツと日本のサッカーを比べ「日本人は足技が器用で、技術力もある。ただ、ドイツの人たちのボールへ執念はすごい」と練習で感じた。

 7月にドイツに渡ってからは一人住まい。チームの地元デュースブルグで自炊生活を送る。ドイツ語は目下勉強中。「まず、サッカー用語から覚えないと」。

 皓さんの父、清則さんは「幼稚園のころからサッカー一本でやってきた。自分の好きなことに挑戦するので、親としての心配は少しあるが、応援したい」と、皓さんの移籍を温かく見守っている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!