04/17
2024
Wed
旧暦:3月9日 大安 辛 
社会・全般
2017年5月31日(水)9:05

有効求人倍率は1・28倍/宮古4月

12カ月連続で1・2倍超

 宮古公共職業安定所(ハローワーク宮古、知念宏和所長)は30日、管内4月の雇用情勢を発表した。それによると有効求人倍率は1・28倍で、前年同月比では0・35ポイント上昇した。前月比では0・11のポイント減となっているものの、昨年5月以降、12カ月連続で1・2倍を超える状態が続いている。4月の県平均は1・12倍、全国は1・48倍だった。

 管内4月の月間有効求人数は1641人で前年同月実績を430人(35・5%)上回ったのに対し、有効求職者数は12人(0・9%)減の1285人で、求職者1人当たり何件の求人があるかを示す有効求人倍率は1・28倍となった。過去最高を記録した今年1月の1・68倍からは0・40ポイント減少しているが、県平均を上回る高い倍率を保っている。

 新規求人数は456人で前年同月実績を23人(5・3%)上回り20カ月連続での増加を記録した。新規求職申込件数は8件(2・7%)増の301件で、2カ月ぶりの増加となった。

 就職件数は275件で前年同月比で54件(16・4%)減少した。件数の内訳は県内就職件数が47件減の275件、県外が1件減の0件。

 知念所長は有効求人倍率について「例年、年度末を迎える1、2、3月に上昇し、4月に下がる傾向にある。今年は特にこれまでが異常に高かった。人手不足の状況はまだ続いている。在職中に求職登録している人が多いので、企業は今いる従業員に辞められないよう働きやすい環境づくりを行う必要があると思う」と指摘した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

2024年4月7日(日)8:52
8:52

大会まで1週間/歓迎ゲート完成

本番へ気合十分 第38回全日本トライアスロン宮古島大会まで残り1週間-。本番を控え、島内の各コースでは試走するトライアスリートの姿が多く見られた。開会式・表彰式の会場となるJTAドーム宮古島には「歓迎ゲート」がお目見え。ランやバイクのコース沿いには応援幕が設置…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!