04/18
2024
Thu
旧暦:3月10日 赤口 壬 
産業・経済
2017年6月7日(水)9:06

オクラを食べよう!/JA専門部会

1袋50円の特価で販売/消費拡大、地産地消狙い


1袋50円の安価な宮古島産オクラを買い求める人たち=6日、JAファーマーズマーケットあたらす市場

1袋50円の安価な宮古島産オクラを買い求める人たち=6日、JAファーマーズマーケットあたらす市場

 宮古島産のオクラを広くアピールしようと、JAおきなわ宮古地区野菜・果樹生産出荷連絡協議会オクラ専門部会が6日、あたらす市場でキャンペーンを開いた。目玉はオクラ1袋(約100㌘入り)50円の特価販売。多くの市民が新鮮なオクラを買い求めた。

 「6月6日」は「オクラの日」。「ぬるぬる」の宮古方言「ムツムツ」の語呂合わせで専門部会が独自に決めた。オクラのPRと消費拡大、地産地消が狙い。

 開始セレモニーで浜川正信部会長は「宮古島でのオクラは年々生産拡大し、右肩上がりだ」と県内有数の生産地を強調。「産地のブランド化に向けて、今後も部会員が一丸となってさまざまな取り組みを展開していきたい」と述べた。

 県宮古農林水産振興センター農業改良普及課の名嘉眞清美課長と市農政課の松原直樹課長もあいさつに立ち、専門部会の取り組みを高く評価。生産振興に向けての支援を約束した。

 副部会長の久保弘美さんの宣言でキャンペーンがスタート。すでに販売コーナーを取り囲んでいた買い物客は一斉にオクラをつかみ取り、買い物かごの中に勢いよく入れていた。

 あたらす市場前を偶然通りかかったのは埼玉県から観光で訪れていた中野陽子さん(46)。大好きなオクラのキャンペーンとあってすぐに入店し、新鮮なオクラをどっさり買った。

 キャンペーンのために用意されたオクラの南蛮漬けや天ぷら、ケーキなども試食。「普段は茹でて食べているけど、こんな料理があるんですね。家でもやってみたい」と笑顔だった。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!