04/23
2024
Tue
旧暦:3月14日 仏滅 丙 
政治・行政
2017年6月9日(金)9:07

議会経ず備品購入契約/市議会6月定例会

市が手続きミス/市長が陳謝、追認求める


市議会6月定例会が開会。提案した議案などを説明する下地市長=8日、議場

市議会6月定例会が開会。提案した議案などを説明する下地市長=8日、議場

 宮古島市が備品購入の契約で、議会の議決が必要だったにもかかわらず、この手続きを取らずに民間会社と契約を締結していたことが8日開会した市議会(棚原芳樹議長)6月定例会本会議で明らかになった。下地敏彦市長は「このようなことが二度と起こらないよう万全を尽くす」と陳謝。契約を有効にするため追認を求める議案を提出したが、野党議員からは「議会軽視だ」と反発の声が上がった。

 議会の議決を経ずに契約を締結したのは、市スポーツ観光交流拠点施設(JTAドーム宮古島)内で、企業の会議や研修旅行などに使用する会議用テーブル、椅子などの備品購入(契約額3685万円)と、ドーム内で使用するバスケットボールのゴールなどのスポーツコート関連用品購入(3272万円)の2件。いずれも一括交付金を活用している。

 会議に使うテーブルなどの備品はすでに納品されており、納品した会社には全額支払われているという。

 地方自治法や市の条例では、2000万円以上の備品購入などの「財産取得」は、議会の議決が必要となっている。

 質疑で指摘された下地市長は「ミスであり、今後はしっかりと法令を順守するようにする」と陳謝。長濱政治副市長は、市職員懲戒分限審査委員会を設置し、関係職員らの処分を検討する方針を示した。

 市によると、決済にかかわったのは担当職員、係長、課長、局長、副市長、市長の6人。過去にも同様な事例があり、その時は課長や部長らが訓告などの処分を受けている。

 追認議決を求める2件の議案は、総務財政委員会(嵩原弘委員長)に付託され、9日から同委員会で集中審査が行われる。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月21日(日)8:54
8:54

「宮古横丁」がプレオープン/観光スポットに期待

ホテルアートアベニュー 平良西里にあるホテルアートアベニュー(旧ホテル共和別館)の1階に、タイ料理など7店舗が入る「宮古横丁」が19日、プレオープンした。経済団体や観光団体など関係者らが盛大に開業を祝った。

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!