04/20
2024
Sat
旧暦:3月12日 友引 甲 
政治・行政
2017年6月13日(火)9:05

追認求める議案を否決/総務財政委

条例違反の備品購入契約

 市議会の総務財政委員会(嵩原弘委員長)は12日の委員会で付託議案の採決を行い、市の条例などに違反して締結した備品購入契約を有効にするための追認議決2件を、野党などの反対多数で否決した。否決された議案は21日の最終本会議で報告され、採決が行われる。委員会同様否決されれば、契約は無効となり一括交付金返還の可能性が出てくるなど、新たな展開となる。全国の市民団体などが提出した28件の自衛隊配備計画に反対する請願書と陳情書は、いずれも不採択とした。

 追認議案は、市が備品購入の契約で議会の議決が必要だったにもかかわらず、この手続きを取らずに民間会社と契約を締結した。1件は、すでに代金が支払われている。

 市は契約は無効であることから、これを有効にするため契約締結日にさかのぼって議会の議決を求めている。

 委員会では、与党から「一括交付金の返還は避けるべき」「当局はミスを認めており、関係職員の処分も検討するとしている」などと追認できる余地があることを強調した。

 一方、野党などは条例に違反したまま議会に報告せず、約2カ月間も放置していたことを問題視。責任の所在が明確にされていないことや、公文書偽造の可能性もあるとして認められないとした。

 採決の結果、与党3人は追認議決に賛成したが、是々非々の立場の新保守クラブ2人と野党などが反対したため、5対3で否決された。

 2017年度市一般会計補正予算は原案可決。請願書のうち、宮古島市民会議(楚南有香子会員)から提出された「宮古島の市長選挙および市議会議員選挙において選挙公報の発行を求める請願書」は、慎重審査が必要として継続審査とした。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年4月17日(水)8:58
8:58

専用ターミナルが完成/ビジネスジェット

CIQ施設も設置/下地島空港   三菱地所は、県が推進する下地島空港および周辺用地の利活用事業の一環として「下地島空港における国際線等旅客施設整備・運営およびプライベート機受け入れ事業」の一つとして、下地島空港周辺にビジネスジェット専用施設「みやこ下…

2024年4月7日(日)8:54
8:54

海岸ごみ「ほっとけない」/500人参加しビーチクリーン

「第3回ほっとけないプロジェクト~海辺のミライをみんなで守ろう」(主催・同プロジェクト実行委員会)が6日、新城海岸で行われた。宮古島海上保安部やボランティアサークル、空手道場など各団体のメンバー、家族連れ約500人が参加しビーチクリーンを実施。発泡スチロールや…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!