2010年8月27日(金) 13:20

マムヤ伝説を小説化/宮古の行事や遊び盛り込み

初めて書いた小説「マムヤの涙」が11月に発売されることを報告する古堅宗揮さん
初めて書いた小説「マムヤの涙」が11月に発売されることを報告する古堅宗揮さん
 宮古島市平良出身の民謡歌手、古堅宗揮(そうくん)さん(66)=沖縄市在=が書いた初めての小説「マムヤの涙」が11月に文芸社(東京)から全国発売される。東平安名崎に伝わる悲恋の美女マムヤの伝説を基に、神々が住む天上界と人間が生きる下界を舞台にした恋愛物。宮古島の風土や方言、行事、遊びなどもふんだんに散りばめて笑いと涙の感動作に仕上げた。      構想したのは約10年前。2008年に小説と同名のCD発売に携わり、映画化の構想がますます膨らんだ。せりふとト書きだけで構成した脚本を書いたが、それを小説に書き直して出版社に持ち込んだところ評価され、発刊されることが決まったという。     物語は、マムヤを天女として描いた。天上界のマムヤは宮古島の青年に一目ぼれし、会うために人間界に降りていく。オジーやオバーたちなど島人の情熱を感じながら恋人との楽しい日々。しかし、やがて悲しい別れがやって来る…。  サニツ(浜下り)や旧盆、十五夜、ハーリーなどの年中行事やクイチャー、ギッチョー遊びなどを盛り込みながら、島に生きる人たちの大らかさを紹介。台風襲来など自然と向き合う姿も生き生きと描写した。    「宮古島の活性化のために私にできることは何かと考えた。生まれ育った宮古島に感謝を込めて書いた」と古堅さん。小説は単行本で約300㌻の大作になる予定だが「思い入れが強かったので、書くのは苦にならなかった。小説で宮古島の史跡巡りを楽しむこともできる」と笑顔を見せた。    父は、宮古民謡保存研究会初代会長の古堅宗雄さん(1903-1985)。幼いころから、父が三線なしのアカペラで歌う「平安名(ぴゃうな)のマムヤ」を聞いて育ったことも「小説を書くきっかけになった」    現在は、宮古民謡古堅流家元二代目として沖縄市に音楽事務所を開設し、民謡のみならずさまざまなジャンルの音楽を指導している。日本作詩・作曲家協会会員。
  • 宮古島の人口

    令和元年11月1日現在

    宮古島市 54,755 人
    27,586 人
    27,169 人
    世帯数 27,782 軒
    多良間村 1,126 人
    603 人
    523 人
    世帯数 516 軒
  • 天気


  •  

    2010年8月
    « 7月   9月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2