宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2010年10月10日(日) 22:56

今月4日夜地震があった(行雲流水)

 今月4日夜地震があった。かなり長く強く感じた。思わず2階から降りた。食器棚の音が揺れの大きさを感じさせる。寝込みを襲われたらどうなるのだろうと一瞬恐怖すら感じた


▼震源地は宮古近海で、地震の規模はマグニチュード(M)6・4。震度4は西仲宗根・城辺福西・伊良部という。私の住んでいる下里は多良間と同じ震度3。あの揺れで3、との思いだ

▼小学生のころ、地震に遭った。石垣も崩れるほどだった。覚えている読者も多いことだろう。ひもとくと1958年3月11日だ。震源地は石垣島近海、M7・2。宮古・石垣・西表は震度5。与那国は震度4

▼琉球王府時代にも地震の記録がある。1696年には蔵元、寺、在番仮屋等の石垣が崩壊。特に石垣島近海で起きた海底地震で未曾有の犠牲者が出た。M7・4と推定。いわゆる「明和の大津波」だ。地震が起こす津波の恐怖だ。震度4レベルの地震は戦後だけでも12回も観測されている

▼政府の地震調査研究推進本部地震調査委員会は、宮古には城辺仲原あたりから池間島に走る「断層帯中部」と宮国あたりから伊良部牧山に走る「断層帯西部」の2本が並走するという。地震が発生すれば震度5弱から6強程度になると予想。時期は不明

▼15年前の阪神・淡路大地震は記憶に新しい。地震のすごさをテレビで見せつけられた。地震調査委員会は宮古でも大規模地震が起きる可能性を公表した。台風のように来襲せず、いきなり来るのが地震。備えあれば憂いなしをかみしめよう