宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2010年10月20日(水) 9:00

移動献血始まる/宮古地区

「A型」不足、協力呼び掛け

献血に協力する市職員(右)=19日、市役所平良支所前

献血に協力する市職員(右)=19日、市役所平良支所前

 宮古地区の2010年度第2回移動献血2日目は19日、市役所平良庁舎前で実施した。市職員ら90人が献血に協力した。県赤十字血液センターでは「交通事故に遭った人などの緊急手術に使う400㍉㍑のA型血液が不足しているので、特にA型血液の献血を」と協力を呼び掛けている。きょう20日はJAおきなわ宮古地区本部前などで行われる。



 移動献血は毎年春と秋の2回行われ、健全な輸血用血液の安定確保と住民福祉の向上を図るのが目的。
 今秋の移動献血の日程は18~29日までの10間。初日は沖縄電力宮古支店前と平良港ターミナルビル前で行われ計58人が協力した。今回は605人を目標にしている。
 宮古の2009年度輸血用献血状況によると、1350人の目標に対し、1281人が献血した。達成率は94・8%。