宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2010年10月28日(木) 9:00

過去最高の33団体が出演/クイチャーフェスティバル

本番に向け説明会

スムーズな進行の説明を受ける団体代表ら=27日、市中央公民館

スムーズな進行の説明を受ける団体代表ら=27日、市中央公民館

 11月7日午後4時からカママ嶺公園多目的広場で開催される第9回クイチャーフェスティバル2010を前に、実行委員会(下地暁委員長)は27日、市中央公民館で出演団体の説明会を開いた。団体代表らは、フェスティバル当日のスムーズな進行を確認した。


 今回は伝統の部に13団体、創作の部16団体、その他芸能の部1団体、方言替え歌の部3団体の計33団体、総勢1550人余が出演する予定。団体・出演人数ともに過去最高。


 伝統の部で、野崎のクイチャーを演じる久松青年会は100人、創作の部で、太陽っ子隊は140人をそれぞれ予定している。
 クイチャーフェスティバルは、2006年度島おこし奨励賞、第11回ふるさと大賞奨励賞をそれぞれ受賞している。