2010年11月27日(土) 22:30

2010年11月21日~11月27日

ニュースウイクリー
11月21日~11月27日


鍛えた技で勝負/本社杯剣道大会
 宮古毎日新聞社杯争奪第27回青少年健全育成剣道大会が20日、北小学校体育館で行われた。小学生から高校生まで計52人の剣士が出場し、これまでの鍛錬で培った力と技を競い合った。高校男子の部は宮古高校2年の根間翔平が昨年大会に続き連覇を成し遂げた。中学男子も北中3年の池間将汰が連覇。同女子は平良中2年の川満莉緒が制した。(11月21日掲載)



平良女子準優 九州大会へ出場/県中学駅伝
 男子第34回、女子第23回の県中学校駅伝競走大会が20日、うるま市与那城陸上競技場を発着点とする男子6区間20㌔、女子5区間12㌔で行われ、平良女子が44分30秒で準優勝に輝いた。女子の準優勝は宮古勢初の快挙。同校は来月4日に長崎県で開催される九州大会に県代表として出場する。男子は久松が1時間5分55秒で3位に入賞した。(11月21日掲載)


福沢孝秋が5年ぶり優勝/ヨネックスシニア
 ゴルフのヨネックスシニアオープン沖縄IN宮古島は21日、エメラルドコーストゴルフリンクスで本戦最終日を行い、初日単独首位の福沢孝秋が4つスコアを伸ばして通算8アンダー136で優勝した。2005年以来5年ぶりの優勝で、賞金100万円を手にした。宮古島市久松出身の友利勝良は通算4アンダー140で4位タイだった。(11月22日掲載)


平良第一が3冠達成/本社杯少年サッカー
 第18回宮古毎日新聞社杯全宮古少年サッカー大会の2日目が21日、市城辺総合運動公園で開かれた。中学年の予選リーグ4試合と高学年、中学年、低学年の決勝トーナメントを行った結果、高学年は平良第一FC、中学年は平良第一SC、低学年は平良第一バモスと、平良第一勢が3部門すべてを制した。(11月22日掲載)


新校舎での授業スタート/北小学校
 北小学校の新校舎がこのほど完成し22日、新校舎での授業が始まった。登校した児童たちは「よろしくお願いします」と校舎に一礼し、勉強やスポーツに励んでいくことを誓い合った。(11月23日掲載)


旧町村でも投票所開設/県知事選期日前投票
 宮古島市では、今月28日に投開票が行われる県知事選挙の期日前投票所が22日から城辺、伊良部、下地、上野の市役所各庁舎にも開設され受付をスタートした。投票者からは「地元で投票できるのは助かる」など市役所平良庁舎だけでなく、旧町村単位での期日前投票所の設置を歓迎する声が多く聞かれた。(11月23日掲載)


水の大切さ再認識/ファームポンドまつり
 第2回ピンフ岳ファームポンドまつりが23日、平良島尻のパーントゥの里会館を主会場に行われた。車両パレードや舞台イベントなどを通して、ファームポンド施設の理解と水を大切にする機運を高めた。(11月24日掲載)


サシバ1万3826羽飛来/05年以降最少値
 県自然保護課、宮古島市みどり推進課、宮古野鳥の会が合同で調査した「2010年サシバ飛来数調査」が、このほど公表され、今年のサシバ飛来数は1万3826羽で、05年以降の調査で最小値、過去37年(04年を除く)の平均2万7640羽の約半数に減少したことが明らかとなった。(11月24日掲載)


下地会頭ら就任祝う/宮古島商工会議所
 宮古島商工会議所の第21代会頭下地義治氏(62)と副会頭の藤村明憲氏(61)、下地信輔氏(53)、専務理事の砂川恵助氏(62)の就任祝賀会(主催・発起人会)が24日夕、市内のホテルで開かれた。新役員の4人はいずれも行動派。経済界や政界などから大勢の関係者が出席し、今後の活躍に期待した。(11月25日掲載)


上野の川満さん内閣総理大臣賞/受賞を副知事に報告
 2010年度農林水産祭で、川満長英さん(宮古島市上野)が県内サトウキビ農家では初の内閣総理大臣賞を受賞し24日、妻ヨシさんを伴って県庁に安里カツ子副知事を訪れ、受賞の報告を行った。川満さんは09年産サトウキビで夏植えの反収21・5㌧、糖度16・4度を記録し、県サトウキビ競作会でトップの成績を収めていた。(11月25日掲載)


来店客20万8000人/JAあたらす市場
 JAファーマーズマーケットみやこ「あたらす市場」の第5回生産者大会が25日、JA宮古地区本部大ホールで開催された。実績報告によると第5期の売り上げ(09年11月1日~10年10月31日)は、前期比10%増の2億8300万円となった。(11月26日掲載)


絵はがき、作文入賞者を表彰/税を考えるつどい
 2010年度税を考えるつどいが26日、市内のホテルで開かれ、功労者への感謝状贈呈と税に関する絵はがきコンクールと作文の表彰、講演会などが行われた。作文表彰では優秀作品に選ばれた高校生4人と中学生9人に賞状が贈られたほか、講演では沖縄国税事務所の吉田孝史次長が税務行政について説明した。(11月27日掲載)


12月6日操業開始/宮糖伊良部工場
 宮古製糖伊良部工場の2010~11年産のサトウキビ操業開始が12月6日に決まり、工場関係者と住民らが26日、同工場近くの乗瀬御嶽で安全祈願を行った。宮古製糖の安村勇社長は「安全が第一。これからの冷え込みで、甘蔗糖度の上昇に期待する」と述べた。(11月27日掲載)