2010年11月30日(火) 9:00

地デジ支援デー始まる

宮古島市、多良間村など/来月9日まで


相談に応じる担当者ら=29日、市役所城辺庁舎

相談に応じる担当者ら=29日、市役所城辺庁舎

 総務省沖縄県テレビ受信者支援センターは29日、宮古島市で「地デジ準備支援デー」を開始した。地上デジタル放送化への準備を支援することが目的。12月9日まで市役所庁舎や池間島、伊良部島、多良間村でも行い、普及率を高める。


 離島を多く抱えている沖縄は、地デジ普及率が全国最下位。特に電器店が無い島での準備は厳しい状況という。


 支援デーでは、受信相談や地デジ放送機器の購入費補助の申請手続き、地デジ対応テレビのカタログ販売(30日まで)も行う。


 初日は市役所城辺庁舎で開かれ、担当者らが市民の相談に応じた。同センターの渡嘉敷力部長は「申請書類は高齢者には難しいもの。地域によっては戸別訪問を行って支援したい」と話した。


 これまでのテレビ放送(地上アナログ放送)は、来年7月24日で終了となり、地上デジタル放送対応に替える必要がある。