2010年12月16日(木) 9:00

入札参加者ゼロ/マリン社ホテル棟

売却条件再度見直しへ


入札参加者がゼロとなった宮古島マリンターミナル社ホテル棟

入札参加者がゼロとなった宮古島マリンターミナル社ホテル棟

 宮古島マリンターミナル社(社長・下地敏彦市長)は15日、ホテル棟売却処分に関する入札を行ったが、参加者がいなかった。記者会見した下地市長は「残念に思っている」と予想外の結果に落胆の様子。今後については「年明けに取締役会を開いて、売却価格やその他の条件をもう一度見直したい」と方針を示した。


 入札は午後3時から、マリンターミナル社の事所で行われた。入札の事前手続きでは3社が意欲を見せていたが、1社も来なかった。


 下地市長は「最大のネックは、プラスアルファの1億9000万円(ホテル什器備品の購入価格)だったのではないか」と参加者ゼロの理由を推測した。


 売却方法については、再度公募したい考えを示したが、取締役会の見解次第では相対取り引きもあり得るとした。 入札条件の大幅な見直しは、否定した。


 入札条件には①土地を含めたホテル棟の最低価格は11億8800万円②本社の住所が宮古にある会社③引き続き雇用を希望する従業員は採用④宴会場の10年間継続⑤ホテル棟は5年間転売禁止-などを提示。ホテルの什器備品の動産については、1億9000万円での引き取りを、別途求めていた。

  • 宮古島の人口

    令和元年9月1日現在

    宮古島市 54,764 人
    27,606 人
    27,158 人
    世帯数 27,737 軒
    多良間村 1,131 人
    604 人
    527 人
    世帯数 517 軒
  • 天気


  •  

    2010年12月
    « 11月   1月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2