宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2011年2月16日(水) 9:00

新年度から改修工事へ/パイナガマビーチ

バリアフリーに整備/総事業費1億円超

バリアフリーに整備されるパイナガマビーチ=15日、平良

バリアフリーに整備されるパイナガマビーチ=15日、平良

 平良のパイナガマビーチの将来像に、市民の意見・要望を反映させるための最終ワークショップが日、平良港ターミナルビルで開かれた。市では意見・要望が集約されたとして、2011年度から護岸改修工事に着手する。


 事業名は、パイナガマ地区護岸(改良)整備事業。工期は09年度~12年度までの4年間。総事業費が1億5000万円で、国が9割、市が1割を負担する。


 階段式コンクリート護岸が老朽化していることから改修し、市民や観光客らに親しみやすいバリアフリーに整備する。さらに飛砂防止対策を強化する方針。


 この日のワークショップでは、前回出された意見や要望を再確認した。


 集約意見では▽安全に泳ぐためのハブクラゲ対策が必要である▽飛散により背後や東屋に砂が溜まっている▽バリアフリー対応になっていない▽将来管理を民営化(地域住民など)し有料化にした方が良い▽駐車スペースが少ないので、ピーク時に道路への違法駐車が目立つ―などがあった。