宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2011年4月10日(日) 9:00

バザーで募金呼び掛け/少年剣士の会

手作りお菓子も大好評


剣道連盟の少年剣士の会が被災地の早期復興に役立てようと開催したチャリティーバザー=9日、マックスバリュ宮古南店

剣道連盟の少年剣士の会が被災地の早期復興に役立てようと開催したチャリティーバザー=9日、マックスバリュ宮古南店

 東日本大震災の早期復興を願い宮古郡剣道連盟(古波蔵一会長)の親子で構成する少年剣士の会が9日、市内の大型スーパーで「東日本震災復興チャリティーバザー」を開催した。


 会のメンバーらが持ち寄った子供服や、おもちゃ、食器類が100円から500円程度で販売され、買い物客らも足を止めてお気に入りの商品を買い求めていた。


 バザー開催について古波蔵会長は「新聞やテレビで被災地の状況を見て私たち剣道を志す者として何かをしたいという気持ちがあった。そんな中、親たちの方からバザーをやろうと声が上がった。たくさんの商品を販売して売上金を被災地に届けたい」と述べた。


 そのほか、少年剣士の母親らが手作りしたお菓子も購入者にプレゼントされ、買い物客らを喜ばせた。