宮古毎日新聞(電子板)の試読はこちらから|宮古毎日新聞社

2011年5月15日(日) 9:00

心豊かな子育成へ連携/地区PTA連合会

新会長に狩俣さん選任


事業計画などを承認した総会=14日、下地農村環境改善センター

事業計画などを承認した総会=14日、下地農村環境改善センター

 宮古地区PTA連合会(佐和田勝彦会長)の2011年度定期総会が14日、下地農村環境改善センターで開かれ、事業計画などを審議し承認した。11年度では、子どもたちの心身の発達と豊かな人間性の育成を目指し家庭・地域・学校の連携を強めていく方針を確認。役員改選も行い、新会長に狩俣勝紀さんを選任した。功労表彰や広報誌コンクール入賞校の表彰も行われた。



 あいさつで佐和田会長は、大人の規範意識の低下が子どもたちに影響を及ぼしていると指摘。その上で「今こそ、将来を担う子どもたちを地域力で育てることが必要だと思う」と述べた。


 宮城辰三県PTA連合会長が、激励の言葉。野原敏之宮古教育事務所長、川上哲也市教育長、平良隆宮古小学校校長会長らが祝辞を述べ、活動の一層の充実を祈念した。


 新会長の狩俣さんは「会員が学校に足を運ぶ活動を進めていきたい」と抱負を語った。


 事業計画の重点目標には①たくましく生きる力と思いやりの心を持つ子どもの育成②粘り強く生き抜く子どもの育成③子どもたちにとって安全で安心な環境の確保-などを据えた。


 年間行事は▽単P対抗ソフトバレーボール大会(5月)▽童話・お話・意見発表大会(11月)▽芸能まつり(12月)▽書き初め競書大会(1月)-などを実施する。