2011年5月18日(水) 9:00

大神島を「自然水族園」へ

潮だまりを潜水調査


潮だまりを潜水して調査した廣崎さん=17日、大神島

潮だまりを潜水して調査した廣崎さん=17日、大神島

 大神島をまるごと「自然水族園」にする構想を打ち出している野生水族繁殖センター(神奈川県)の廣崎芳次代表らが17日、水族園の柱となる潮だまりに潜って調査した。廣崎さんは「水深が深くよどんでいるので、熱帯魚の生息には適さない。浅くすべき」と今後市に協力を求めていく認識を示した。



 大神島プロジェクト2011の一環。水族園の柱となるのは島と一周道路の間に挟まれた潮だまり。この潮だまりは道路の下に埋設されているマンホールを通して海水が交流。満潮時には海水が入り、干潮時には潮だまりとなる。


 構想では、本土から訪れる子どもから大人までが潮だまりで、カラフルな熱帯魚と戯れて楽しんでもらうというもの。人の流れで大神島を活性化し、全国へ発信する計画。


 この日は、プロジェクトの会員である水作(東京都)の小川創市社長、沖縄まちの駅連絡協議会の赤崎隆三郎事務局長、アクアグリーンの真榮城忠之社長、吉信産業の仲間房枝代表らが同行した。


 真榮城社長は、プロジェクトの一環として大神島住民27人に種子から育てたヤブツバキの苗木本を寄贈。また大神自治会(久貝初男会長)にヤブツバキの挿し木から育てた苗木150本を贈った。


 真榮城社長は「大神島をツバキの島にしたい」と語り、今後のヤブツバキ植樹に意欲を示した。


 参加者らは小雨が降る中、ヤブツバキ記念植樹を行い成長を願った。

  • 宮古島の人口

    平成30年11月1日現在

    宮古島市 54,209 人
    27,144 人
    27,065 人
    世帯数 26,779 軒
    多良間村 1,173 人
    629 人
    544 人
    世帯数 521 軒
  • 天気


  •  

    2011年5月
    « 4月   6月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
  • 社団法人日本新聞協会

    • 日本新聞協会2